オーディオカセットテープ修理(剥がれ)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープです。リーダーテープと磁気テープ接続部分が劣化の為剥がれたもので、古いテープでは多い出来事です。このような場合反対側も同じ状態になっている事が非常に多いです。今回のテープも両方剥がれていましたので、両方つなぎ直しで修理は完了です。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後


VHSテープ修理(カビ)

 今回のテープ修理はVHSテープのカビです。画像でお分かりと思いますが、カビの状態がかなりの重症です。この状態のテープですとクリーニング回数は相当回数行わないとなりませんが、実際作業してみますと8回のクリーニングで再生ができるようになりました。

VHSテープ修理前

VHSテープ修理後

ベータビデオテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理はベータテープのカビです。カビの状態はあまり重症ではありませんので、2~3回位のクリーニングで大丈夫そうです。作業を行って見ませんと確かな事は分かりませんが、作業行って見ました所、3回のクリーニングで再生確認をし大丈夫でした。

ベータテープ修理前

ベータテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今日のテープ修理は8ミリビデオテープの切断したもですが、原因はカビと癒着の為で8ミリビデオテープではかなり多い事です。作業は切断部分をつなぎ癒着を丁寧に剥がしますが、この時さらに切断せざるを得ない場合が有り、癒着の状況で重症の場合には切断せざるを得なくなります。癒着を剥がした最後にカビ取りクリーニングとなり作業は完了です。

8ミリビデオテープ修理前

8ミリビデオテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(リール破損)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープのリール破損です。経年劣化の為プラスチック部品が破損した物で、リールの交換になりますが、この様な場合反対側のリールも同じ様な状態になっている事が多いですが、今回は片方だけで大丈夫でした。

オーディオカセットテープ修理前

オーディオカセットテープ修理後

ミニDVテープ修理(切断)

 今日のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだ為取り出し時に切断したものです。修理はしわの部分をカットしての繋ぎ直しで完了ですが、テープに指紋等汚れを付けないよう注意しながらの作業となります。ミニDVテープは指先の油でも再生不良になり止まる事が多いので、ご自身で修理される場合にはご注意ください。

ミニDVテープ修理前

ミニDVテープ修理後

VHSテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理VHSテープのカビです。画像でお分かりと思いますが、左右両方にカビの発生と少しの癒着が有りかなりの重症で、複数回のクリーニングが必要です。作業は癒着部分を丁寧に剥がしてからカビ取りクリーニングを複数回行い完了になります。

VHSテープ修理前

VHSテープ修理後

ベータテープ修理(カビ)

 今回のテープ修理はベータテープのカビです。最近見ることが少なくなりましたが、画質的にはVHSテープよりも良かったと思います。カビの状態は重症ではありませんので、2回~3回程度のクリーニングで大丈夫そうですが、少しだけ癒着の部分が有りましたので、少し映像にノイズの発生が有るかと思いますが、全体としてはさほど問題なく再生出来ました。

ベータテープ修理前

ベータテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今回のテープ修理は8ミリビデオテープ切断ですが、切断原因はカビと癒着の為で、作業としましては切断部分のつなぎを行い、次に癒着を丁寧に剥がす事で、最後にカビ取りクリーニングで完了となりますが、この作業の中で一番手間のかかる事は癒着剥がしで、この作業を丁寧に行わないとテープを傷め再生時にノイズ等映像の乱れの原因となり、細心の注意が必要で、時間もかかり一番大切な作業となります。

8ミリビデオテープ修理前

8ミリビデオテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(リール破損)

今日のテープ修理はオーディオカセットテープのリール破損です。リールのリーダーテープ止め部分が劣化の為破損した物で、反対側のリールも破損している事が多いので必ず確認してください、古いテープに非常に多い現象ですが、中にはお客様自身で接着剤もしくはセロハンテープ等で修理される方がいますが、そのような修理は絶対に行わないでください、リールを新しい物と交換する事で解決しますので、くれぐれもご注意いただきたく思います。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後