ミニDVテープ修理(切断)

 今回のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだ為に取り出し時に切断したようです。ミニDVテープは非常にデリケートなテープで指先の指紋が付着しても再生時にエラーになる事が起こり、再生できなくなる為、作業時は必ず手袋の使用が必須です。作業としましてはテープのしわの部分をカットし正常な部分のつなぎで完了ですが、接続部分は凹凸、汚れ、しわ等無い様に注意が必要です。

ミニDVテープ修理前

ミニDVテープ修理後

VHSテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理はVHSテープのカビです。テープ全体にカビの発生が見られますが、カビのみでしたらさほど問題ないのですが、ビデオテープ自体の品質に問題の有るものがあり、特にカーリングのひどいくなるテープが最近特に目につきますが、このようなテープの場合カビ取りは問題ないのですが、再生時にビデオヘッドへのテープの密着度がカーリングの為損なわれ、再生時に映像が不安亭になる原因で、映像の乱れる事が多くなります。ビデオテープはなるべく平面状がベストで、カーリング状態になるテープと磁気面の塗布が悪いものは最悪で、今回のテープはそのような事がな無く無事修理は完了しました。

VHSテープ修理前
VHSテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(リール破損)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープのリール破損です。プラスチック部品が経年劣化の為に、破損した物で、古いカセットテープには多い現象です。左右両方の破損が多いので、必ず修理の際には確認する事が必修です。修理はリールを交換で完了になります。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後

ベータビデオテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理はベータテープのカビです。全体にカビの発生が有りますが、状態としては重症ではありませんので、1~2回のクリーニングで大丈夫そうです。最近特にカビの発生テープのご依頼が増えています。磁気テープをお持ちの方は注意された方がよいかと思いますが、カビ防止の最善策はテープを回してあげる事と、風通しの良い高温にならない場所での保管です。一度ご確認される事をお勧めいたします。

ベータビデオテープ修理前
ベータビデオテープ修理後

エンドレスカセットテープ修理(はみ出し)

  今回はエンドレスカセットテープ修理です。テープがはみ出した状態で、このような状態になるにはデッキで巻き戻しを行った場合によく起こる現象で、エンドレステープは絶対に、巻き戻しを行ってはダメなテープです。使用される場合には最善の注意が必要で、このようにはみ出たテープは巻き取りリールへ巻き直すのですが、きつく巻いてしまうとテープ自体が走行しなくなり、きつからず緩からずの状態で巻き直す事で再生ができるようになります。

エンドレスカセットテープ修理前

エンドレスカセットテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(剥がれ)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープです。リーダーテープと磁気テープ接続部分が劣化の為剥がれたもので、古いテープでは多い出来事です。このような場合反対側も同じ状態になっている事が非常に多いです。今回のテープも両方剥がれていましたので、両方つなぎ直しで修理は完了です。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後


VHSテープ修理(カビ)

 今回のテープ修理はVHSテープのカビです。画像でお分かりと思いますが、カビの状態がかなりの重症です。この状態のテープですとクリーニング回数は相当回数行わないとなりませんが、実際作業してみますと8回のクリーニングで再生ができるようになりました。

VHSテープ修理前

VHSテープ修理後

ベータビデオテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理はベータテープのカビです。カビの状態はあまり重症ではありませんので、2~3回位のクリーニングで大丈夫そうです。作業を行って見ませんと確かな事は分かりませんが、作業行って見ました所、3回のクリーニングで再生確認をし大丈夫でした。

ベータテープ修理前

ベータテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今日のテープ修理は8ミリビデオテープの切断したもですが、原因はカビと癒着の為で8ミリビデオテープではかなり多い事です。作業は切断部分をつなぎ癒着を丁寧に剥がしますが、この時さらに切断せざるを得ない場合が有り、癒着の状況で重症の場合には切断せざるを得なくなります。癒着を剥がした最後にカビ取りクリーニングとなり作業は完了です。

8ミリビデオテープ修理前

8ミリビデオテープ修理後