オーディオカセットテープ修理(リール破損)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープのリール破損です。経年劣化の為プラスチック部品が破損した物で、リールの交換になりますが、この様な場合反対側のリールも同じ様な状態になっている事が多いですが、今回は片方だけで大丈夫でした。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後

ミニDVテープ修理(切断)

 今日のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだ為取り出し時に切断したものです。修理はしわの部分をカットしての繋ぎ直しで完了ですが、テープに指紋等汚れを付けないよう注意しながらの作業となります。ミニDVテープは指先の油でも再生不良になり止まる事が多いので、ご自身で修理される場合にはご注意ください。

ミニDVテープ修理前
ミニDVテープ修理後

VHSテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理VHSテープのカビです。画像でお分かりと思いますが、左右両方にカビの発生と少しの癒着が有りかなりの重症で、複数回のクリーニングが必要です。作業は癒着部分を丁寧に剥がしてからカビ取りクリーニングを複数回行い完了になります。

VHSテープ修理前
VHSテープ修理後

ベータテープ修理(カビ)

 今回のテープ修理はベータテープのカビです。最近見ることが少なくなりましたが、画質的にはVHSテープよりも良かったと思います。カビの状態は重症ではありませんので、2回~3回程度のクリーニングで大丈夫そうですが、少しだけ癒着の部分が有りましたので、少し映像にノイズの発生が有るかと思いますが、全体としてはさほど問題なく再生出来ました。

ベータテープ修理前
ベータテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今回のテープ修理は8ミリビデオテープ切断ですが、切断原因はカビと癒着の為で、作業としましては切断部分のつなぎを行い、次に癒着を丁寧に剥がす事で、最後にカビ取りクリーニングで完了となりますが、この作業の中で一番手間のかかる事は癒着剥がしで、この作業を丁寧に行わないとテープを傷め再生時にノイズ等映像の乱れの原因となり、細心の注意が必要で、時間もかかり一番大切な作業となります。

8ミリビデオテープ修理前
8ミリビデオテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(リール破損)

今日のテープ修理はオーディオカセットテープのリール破損です。リールのリーダーテープ止め部分が劣化の為破損した物で、反対側のリールも破損している事が多いので必ず確認してください、古いテープに非常に多い現象ですが、中にはお客様自身で接着剤もしくはセロハンテープ等で修理される方がいますが、そのような修理は絶対に行わないでください、リールを新しい物と交換する事で解決しますので、くれぐれもご注意いただきたく思います。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後

ミニDVテープ修理(切断)

 今回のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだものを無理に取り出し切断した物で、作業はしわの部分をカットしての接続で完了ですが、スプライシングテープは極薄の20ミクロン位で、接続部分のスプライシングテープ幅は2mm位が最適です。接続部分のテープ幅を大きくすると、再生時にヘッドに負荷が掛かりエラーが発生し再生出来なくなることが多いからです。ご自身で修理される方はご注意された方がいいです。

ミニDVテープ修理前
ミニDVテープ修理後

オーディオカセットテープ修理(剥がれ)

 今日のテープ修理はオーディオカセットテープの剥がれです。磁気テープとリーダーテープの接続部分が経年劣化の為剥がれた物で、この様な場合反対側も同じ状態の事が多いので、確認して見ますとやはり剥がれかけていました。左右両方を繋ぎ直しで修理は完了ですが、剥がれた場合、接続用スプライシングテープの糊が他の部分に付着している場合が多いので、リーダーテープ部分をはじめテープをクリーニングし糊を除去しないと、後々癒着の原因になることが起こりますので、きれいにクリーニングをして完了となります。

オーディオカセットテープ修理前
オーディオカセットテープ修理後