ミニDVテープ修理(切断)

 今日のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだ為取り出し時に切断したものです。修理はしわの部分をカットしての繋ぎ直しで完了ですが、テープに指紋等汚れを付けないよう注意しながらの作業となります。ミニDVテープは指先の油でも再生不良になり止まる事が多いので、ご自身で修理される場合にはご注意ください。

ミニDVテープ修理前
ミニDVテープ修理後

VHSテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理VHSテープのカビです。画像でお分かりと思いますが、左右両方にカビの発生と少しの癒着が有りかなりの重症で、複数回のクリーニングが必要です。作業は癒着部分を丁寧に剥がしてからカビ取りクリーニングを複数回行い完了になります。

VHSテープ修理前
VHSテープ修理後

ベータテープ修理(カビ)

 今回のテープ修理はベータテープのカビです。最近見ることが少なくなりましたが、画質的にはVHSテープよりも良かったと思います。カビの状態は重症ではありませんので、2回~3回程度のクリーニングで大丈夫そうですが、少しだけ癒着の部分が有りましたので、少し映像にノイズの発生が有るかと思いますが、全体としてはさほど問題なく再生出来ました。

ベータテープ修理前
ベータテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今回のテープ修理は8ミリビデオテープ切断ですが、切断原因はカビと癒着の為で、作業としましては切断部分のつなぎを行い、次に癒着を丁寧に剥がす事で、最後にカビ取りクリーニングで完了となりますが、この作業の中で一番手間のかかる事は癒着剥がしで、この作業を丁寧に行わないとテープを傷め再生時にノイズ等映像の乱れの原因となり、細心の注意が必要で、時間もかかり一番大切な作業となります。

8ミリビデオテープ修理前
8ミリビデオテープ修理後

ミニDVテープ修理(切断)

 今回のテープ修理はミニDVテープの切断です。カメラ内で絡んだものを無理に取り出し切断した物で、作業はしわの部分をカットしての接続で完了ですが、スプライシングテープは極薄の20ミクロン位で、接続部分のスプライシングテープ幅は2mm位が最適です。接続部分のテープ幅を大きくすると、再生時にヘッドに負荷が掛かりエラーが発生し再生出来なくなることが多いからです。ご自身で修理される方はご注意された方がいいです。

ミニDVテープ修理前
ミニDVテープ修理後

8ミリビデオテープ修理(切断・カビ・癒着)

 今日のテープ修理は8ミリビデオテープのカビと癒着の為切断したテープです。状態はかなり重症で作業にかなりの時間が掛かりそうです。作業としましては切断部分のつなぎの後、癒着をはがして最後にカビ取りクリーニングで完了になりますが、カビ取りクリーニングは複数回必要で3~4回位で再生可能になりました。

8ミリビデオテープ修理前

8ミリビデオテープ修理後

VHSテープ修理(カビ)

 今回もVHSテープのカビです。最近特にカビ発生のテープ修理依頼が増えています。保管にはお気を付けください、高温、多湿にならない事と年に一度位テープを再生してください、今日のテープもかなりのカビでテープ全体に発生しています。複数回のクリーニングで再生には問題なく修復で来ましたが、カビは発生がないに越したことはございませんので、ご注意いただきたいと思います。

VHSテープ修理前

VHSテープ修理後

ミニDVテープ修理(切断)

 今日のテープ修理は、ミニDVテープの切断です。カメラ内で絡まり無理に取り出したもので、その時に切断したようです。ミニDVテープの接続はビデオテープの中でも特に繊細で難しいです。特にスプライシングテープの厚みが問題で20ミクロン位までのものが最適ですが、なかなか手に入りにくいです。接続作業では指紋は絶対に付けてはなりませんので、手袋を使用しながらの作業で神経を使います。

ミニDVテープ修理前

ミニDVテープ修理後

VHS-Cテープ修理(カビ)

 今日のテープ修理はVHS-C(VHSのコンパクトタイプ)テープ修理でカビです。かなりの重症で一部癒着も見られます。1~2回のクリーニングでは全く映像が出ませんで、8回のクリーニングで何とか映像が見られるようになり再生か可能になりました。もともとVHS-Cテープは映像が不安定な事が多く、映像の乱れ、ノイズの発生等が多いテープで、なかなか難儀なテープですが、今回も少しノイズの発生がございましたが、何とか視聴できるようになりました。

VHS-Cテープ修理前

VHS-Cテープ修理後